« 2010年3月 | トップページ

2011年4月12日 (火)

東北大震災について想う事③

計画停電を始め、デパートやお店が暗い。我が家もちょっと電気をつけっぱなしにしていると、家族同士でブーイングが飛ぶ。経済活動も大分ダウンするのも仕方がないだろう。でも、私は良いと思う。原発にしてもあくなき便利、快適な生活を追い求めた結果である。今、一度立ち止まって、自分たちの生活とその将来を思い返すいい機会としたい。充分じゃないか、ローソクの生活だって、テレビが無い生活だって、何てことは無い。そんなときこそ家族でコミュニケーションをとればいいし、経済の後退だって何も不自由な事は無い。私達の英知を掘り起こすいい機会かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

東北大震災について想う事②-災い転じてー

今日で一月が過ぎました。改めて被災を受けられた方達の悲しみを思わずにはいられません。しかし、ひとしきり泣いて悔やんだら、人は又立ち上がって歩いていかなければなりません。私は、絶望的な悲しみの中にも何か良かったと言う事を考える事にしています。何が良かったのか、そんな事あるわけないと言ってしまえば何にもなりません。少しでも気持ちを楽にする方法です。今回の事で言えば、日本の国、いや、世界中から被災者に向けた心温まる声援が本当に救いだと思います。実際の所、今の社会は人のこころという部分で嫌な時代になったなという声を多く聞きました。私もそう思います。でも、今回の皆の声と行動は勇気を、そして感動をもらいました。なんだ、日本の国民も捨てたもんじゃないと。この気持ち、助け合いのこころ、これをつないでいけば、きっと多くの被災者の心を救う事になり、無念の死を遂げた方達へのお悔やみになると思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

東北関東大震災について思う事を何でも書いてみる①

福島原発の事ですが、東京電力の対応はどうなんだろうと思うようになってきたのは私ばかりではないでしょう。ご家族のメッセージやとんでもない事が起こって落ち着いて対応するのは難しい、等は良く分かるのですが、それにしても後手すぎないでしょうか。次々に新しい事態が起こって、そのたびに右往左往しているように思います。通常危機管理が出来てると言う事は2歩3歩と先を読んで動くと言う事です。例えば放射能計器が無いのならば他の電力会社でも海外でもオーダーしておく。靴もそうです。一体どうなっているのだ、というのは首相でなくても言いたくなるでしょう。脇が甘いでは済まされません。これは、何かおかしい。皆が必死と言う事は充分理解した上でもおかしい。何かがおかしいのです。会社の風土なのか、会社の相が悪いというか。理屈では無い物を感じます。早く海外との共同チームを発信して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ