« 内藤ー亀田戦 | トップページ | 盛田正孝老師の話 »

2007年11月12日 (月)

茂木健一郎さんの講演

先日、早稲田大学の国際フォーラムを聴講させていただきました。125周年事業で新装された大隈講堂で茂木健一郎さんの講演があったのですが、さすがに今や人気者で満席でした。茂木さんは今や大脳生理学ではもっとも売れている方ですが、何冊か本を読んでもとても面白く、私も楽しみにしていました。お話はとてもテンポ良く分かりやすいものでしたが、特に「偶有」と言う事を言われていて、理解が正確では無いかもしれませんが、これは脳がどんな事でも受け入れて行く事、そういう覚悟をすれば人生はどんな事でも楽しめると言う事なのですが、人生は生まれや自分の選択、判断でいろいろと変わって行きます。そのたびに人はいろいろと悩むわけですが、これを良しとして受け入れて行く事です。それなりにそれはそれで楽しいものです、・・と聞いていてこれは仏教の考え方に近いと思いました。

|

« 内藤ー亀田戦 | トップページ | 盛田正孝老師の話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茂木健一郎さんの講演:

« 内藤ー亀田戦 | トップページ | 盛田正孝老師の話 »